キャットフードとアレルギーの関係とは?

アレルギーと聞くと、それで困っているのは人間ばかりという印象があるかもしれません。しかし、猫もアレルギーになることがあるのです。
それはノミが原因であったり、特定の食べ物が原因ということが多いようです。一番多く聞かれるのはキャットフードによる食物アレルギーではないでしょうか。
キャットフード自体に問題はなくても、飼っている猫の体質に合わなかった、ということも少なくありません。それによって猫がお腹を壊して下痢をしてしまったり、嘔吐をしてしまったりします。
主な原因はキャットフードに含まれるたんぱく質が関係してると言われており、主な食物としては牛肉、魚肉、鶏肉などがあげられます。
初めからどれが自分の家の猫に合っているかいないのか分かるのが一番ですが、残念ながらこればかりは一度ご飯として与えてみなければわかりません。
厳密な予防法はありませんが、比較的なりにくいものとなると米を使ったものがよく候補に挙げられます。万が一なってしまった時の療養食にも使われているそうです。
可愛い家族の一員である猫に長生きをしてほしいという気持ちは、猫を飼っているおうちの人であれば誰しもにあるものです。そのためにも食事であるキャットフードにはこだわりが必要なのではと考えます。
キャットフード教授