法人向けカーリースのメリットとは何か

近年企業では公用車を自社で購入せず、カーリースを利用するケースが非常に増えています。様々な経費節減やその他の効果が企業の経営にとって魅力的であると評価されており、高い需要を誇っているのです。その理由はカーリースの費用の支払い方やその品目と、企業の自動車の管理方法や費用の負担方法等と密接な関係があります。
企業が公用車を購入する場合には資産の費目となる場合が多く、この場合には企業の財産となるため一定の年数を設定しその間の発生経費として処理されることになります。そのため税金もその期間の間発生し、資産を所有する形となるのです。さらにその税金やメンテナンスにかかる費用も費目を設定し支払わなければならないため、その処理も非常に煩雑になることが挙げられます。
法人向けカーリースを利用することで、資産ではなくあくまでもサービスの利用と言う形で費用を処理することができることから、軽い費用を全て必要経費で処理することができる可能性が生まれます。また自社で購入をしてしまった場合には期限が来た場合にこれを処分しなければなりませんが、カーリースの場合には自動車を返却するだけで良いので実際の手間がかからないと言う点も大きなメリットとなっています。そのため経費を節約でき手間もかからないがリースが広く利用され始めているのです。

おすすめのカーリース